二日酔いとビフィーナex

二日酔いとビフィーナex ビフィズス菌が効くって本当!?

二日酔いとは主に酒を飲みすぎた翌日に頭痛や吐き気などの

 

症状を引き起こすことを言い、不快な状態が続きます。その

 

原因は、自身のアルコール分解能力(正確には、アセトアル

 

デヒドの代謝能力)を超えた量の酒を飲むことにより起こり

 

ます。

 

 

まあほとんどの場合が自己責任によるものだとは思いますが、そうは言ってもなって

 

しまった以上は刻も早く解消したいものです。

 

 

では二日酔いをすぐに解消する方法ってあるのでしょうか

 

 

気になったのでいろいろと調べてみました。

 

残念ながらすぐに解消できる方法はない

 

どうやら二日酔いをすぐに解消できる方法は無いようですが、

 

やはり二日酔いの原因となっているものを取り除くのがいち

 

ばん手っ取り早い方法と言えます。

 

二日酔いの原因となっている体内のアルコール(アセトアル

 

デヒド)を分解して体外へ排出すれば二日酔いの症状は解消

 

されます。

 

 

水やスポーツドリンクなどを飲む

 

水やスポーツドリンクなどを飲む事により体内のアルコール

 

(アセトアルデヒド)を薄める効果があるのと、小便や大便

 

になり、体内のアルコール(アセトアルデヒド)を体外へ排

 

出する役目を果たします。

 

二日酔いには迎え酒なんていう人も居ますが、火に油を注ぐような行為でしかありませんので絶対にやめましょう。

 

頭痛や吐き気を直接抑える

 

頭痛薬や胃薬などで原因よりも症状そのものを

 

抑える方法もあります。

 

しかし原因を排除しなければ根本的な解決には

 

なりませんので同時進行で原因を排除するよう

 

にしましょう。

 

 

 

また弱った腸にはビフィズス菌を摂取することにより

 

善玉菌を増やして、悪玉菌(この場合は体内に残った

 

アルコールなど)を早く排除することで二日酔いから

 

の回復が速くなるかも知れません。

 

 

二日酔いを予防する方法は!?

 

二日酔いを予防する方法は、単純にアルコールの摂取量を

 

減らせばよいだけの事ですが、なかなかそれが出来ない状

 

況にある事が多いのもまた現実です。

 

ではアルコールを摂取しながら二日酔いを予防する方法はあ

 

るのでしょうか?

 

アルコールを摂取するときの体調を整える

 

同じ量のアルコールを飲んでも、体調によりその後の

 

経過は大きく変わります。

 

事前に飲む事が分かっている場合はまずは体調を整え

 

ておきましょう。

 

アルコールよりも先に食事をする

 

のどが渇いていたり、酒が好きな人には考えられないかも知れ

 

ませんが、本気で二日酔いを予防したいのであればアルコール

 

よりも先にまずは食事をすることです。

 

先に食べたものによりアルコールの吸収も抑えられ、先に食事を

 

することでアルコールの摂取量も必然的に減ってきます。

 

アルコールの濃度を下げる

 

水割りだったりハイボールなどアルコールの濃度(度数)を

 

下げられるものであれば薄くして度数を下げましょう。

 

もしくは、途中でウーロン茶を飲んだりする方法もあります。

 

 

アルコールが分解する(酔いが醒める)まで寝ない

アルコール(アセトアルデヒド)が分解されないまま寝てしまうと、
二日酔いになる確率が急上昇します。

 

酔いが醒めるまでは絶対に寝てはいけません。また寝る

 

前に大量の水を飲んだりトイレに行って体内のアルコー

 

ル(アセトアルデヒド)を少しでも排出しておくのもひ

 

とつの予防法になります。

 

 

 

調子を崩した腸にはビフィズス菌サプリがおすすめ

 

二日酔いなどで調子を崩した腸は、早めにビフィズス菌

 

摂取して悪玉菌を追い出し腸内フローラを整えましょう。

 

ビフィーナexは配合されているビフィズス菌(ロンガム種

 

BB536)が腸内環境を良好にして便通を改善する機能が

 

ある「機能性表示食品」です。

 

二日酔いから早く回復し、腸内環境を整えたいと本気で考えて
いる方は、ビフィーナexを試してみることをお勧めします。

 

>>機能性表示食品 「ヘルスエイド ビフィーナex」の詳細はこちら<<